アルペンルート経由で行く第七回湯涌ぼんぼり祭り ~前編

今年も湯涌ぼんぼり祭りの時期がやってまいりました。

が、しかし

ただ普通に北陸に行くのでは物足りない(病気


過去に
車(運転)
夜行バス
ほくほく線経由特急はくたか
特急サンダーバード
北陸新幹線
富山・小松・能登空港(飛行機)


という北陸アクセスのメジャーな交通手段
は粗方経験しているので、今年はどうしよう
かと思いこんでいた矢先にこんなニュースが。

国内のトロリーバス、残り1か所に 関電が廃止、立山黒部貫光が「唯一」に

https://trafficnews.jp/post/78411/

ここでしか走っていないトロリーバスが来年の運行を
以って廃止になるとのこと。




アルペンルート自体は小学生か中学校ぐらいの時に
1度行ったっきりで、黒部ダムまでだったのか、通り
抜けたのかはっきり覚えてないくらいの感じでした。

おまけにwikiを見てみると
>立山黒部アルペンルートは、登山道を除けば富山県
長野県とを直接結ぶ唯一の交通路である。しかし、
自然保護の観点などから運賃が高目に設定されている
ことと、多くの乗り物を乗り継がなければならないこ
とから、富山~長野間の移動を主目的として用いられ
ることはほとんどない。

富山まで行けるのだったらそれを目的にしようじゃ
ないか!

という理由から今回の往路手段に決定しました。








都心からですとアルピコ交通・京王バス共同運行で
長野側の玄関口扇沢までバスが出ているのですが、
日中の便だと当日中に富山県側へ抜けられない可能
性が有る(3連休の初日)ので、前日夜発の夜行便を
利用。



DSC_4455.jpg DSC01400.jpg

4列シートでしたが、運良く隣が空席だったお陰で2席
使うことが出来ました。
6日の23時過ぎに新宿を出発し、扇沢に翌7日5時半に
到着。







DSC_4461.jpg 

DSC01411.jpg DSC01404.jpg

事前購入したチケットを引き換え、6時半出発の朝一番
トロリーバスでアルペンルートスタートです。
売店の方曰く「これでもまだ空いている方」だとか。








DSC01416.jpg DSC01414.jpg

写真を撮っていたら乗り込みが最後になってしまいました。。












乗車時間は15分ほどですが、その間に破砕帯と呼ばれる
難工事だったエリアを通り、県境を超えて富山県に入ります。

DSC01420.jpg 


DSC01441.jpg 


DSC01424.jpg 


DSC01425.jpg 

冒頭に紹介した通り、扇沢~黒部ダム間のトロリー
バスは来年の11月を以ってバッテリー式に置き換え
予定の為、実質今回が乗り納めとなりそうです。












駅に到着し、階段を登ってダムを一望出来る展望広場へ!
DSC01423.jpg DSC01442.jpg






DSC01447.jpg 
雨が降ったり止んだりの生憎の天気でしたが、久々に
見る黒部ダムの勇姿は変わらず、放水の水煙が絶え間
なく上がっていました。







DSC01480.jpg DSC01461.jpg


DSC01471.jpg DSC01482.jpg










展望台からの風景を一望してから、レストハウスに入り
朝食に名物ダムカレーを食べます。

DSC01485.jpg 











ダム上の歩道より。

ここはアニメ「クロムクロ」でも登場した場所ですね。

DSC01487.jpg DSC01504.jpg

DSC01498.jpg DSC01509.jpg





k8.jpg DSC01457.jpg

14.jpg DSC01512.jpg


13.jpg DSC01514.jpg


12.jpg DSC01516.jpg

由希奈が観ていたのは多分こんな景色ですw
(流石に怖くて外側下までカメラは伸ばせませんでした)
k9.jpg DSC01507.jpg













ダム駅到着から2時間以上掛けて対岸へと渡り、急勾配の
軌道をゆくケーブルカーに乗り換えます。
黒部湖駅→黒部平駅

DSC01519.jpg DSC01521.jpg

DSC01525.jpg DSC01533.jpg



画像越しでも、勾配のキツさがよくわかると思います。
斜度は31度、標高差373mを5分ほどで一気に登ります。
DSC01539.jpg DSC01541.jpg 

DSC01543.jpg 











黒部平→大観峰
ここは乗り継ぎが良く、ちょうどロープウェイが来たの
そのまま乗り継ぎ

DSC01554.jpg DSC01557.jpg

DSC01558.jpg 
一般的なロープウェイと違って、山麓から山頂まで何と
ケーブルの支柱が1本も有りません!垂れ下がったケー
が見えているだけなのでコワイ・・


DSC01561.jpg DSC01563.jpg

DSC01565.jpg 











某アニメで出てきた淡島のロープウェイと標高差のため
パンパンになったポテチの袋。

DSC01568.jpg DSC01569.jpg





大観峰は立山の東側エリアに当たる部分で、ここからトロ
リーバスで反対側へ抜けるといよいよアルペンルートで1
番標高の高い室堂へと到着します。

DSC01572.jpg DSC01573.jpg




DSC01575.jpg 




DSC01581.jpg DSC01584.jpg

DSC01580.jpg DSC01579.jpg




室堂は立山登頂の出発点として、富山・長野側どちら
から来てもほぼ中間のエリアに位置する為、多くの人
比較的長く滞在します。

DSC01586.jpg DSC01588.jpg







その為ホテルやレストラン、土産物店などが充実して
おり、てっぺん付近にいるという実感はあまりあ
りませんが、1歩外へ出ると・・



DSC_4480.jpg

 DSC01589.jpg 
ガスっていました。。。
天気が良ければ軽く周囲を散策しようかと思いました
が、標高が高く気温が低い上に風もあり、雨がバシバ
シ叩きつけるような状況であえなく断念・・








DSC01590.jpg DSC_4487.jpg

DSC_4489.jpg DSC_4490.jpg

レストランで白エビ天丼のランチを平らげて、売店を
廻ってからバスで標高977mの美女平まで一気に下り
ます。


 



美女平からは再びケーブルカーに乗り、立山駅へ。

DSC01597.jpg DSC01595.jpg

DSC01604.jpg DSC01598.jpg



DSC01601.jpg 





まずは、駅前周辺のクロムクロ登場カットを撮り、、、、

k0.jpg DSC01629.jpg

k1.jpg DSC01622.jpg

k4.jpg DSC01625.jpg

k5.jpg DSC01626.jpg

k6.jpg DSC01619.jpg

1話の由希奈とソフィーの下校シーンの所ですね。
作中立山国際高校が有った所は実際は
国立登山研究所という施設になっています。



電車の時間に余裕があったので
側にある博物館脇にあるかつての工事用専用軌道へ。
DSC01634.jpg DSC01636.jpg

DSC01633.jpg DSC01641.jpg

ここは立山の砂防ダム工事で使われた専用軌道の
一部一般開放しており、砂利の運び出しに使わ
れたトロッコ(ディーゼルカー?)が保存されて
います。
DSC01647.jpg 






そうこうしている間に時間になり、京阪のお下がりの
特急電車に乗り込み電鉄富山駅へ。

DSC01661.jpg  DSC01657.jpg








富山に着いてから色々撮っていると、後続の特急アルプス号
が到着。ここは京阪か西武か・・。

DSC01665.jpg DSC01666.jpg 

駅の到着は16時過ぎ。扇沢を出発到着したのが6時半の
トロリーバスでしたので、実に10時間近くを掛けてア
ペンルートを抜け、富山へ到着しました。


明日はいよいよ本番!ぼんぼり祭りへと向かいます。

続く。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Newyork0201

Author:Newyork0201
ご訪問有難うございます。
管理人の趣味である旅行・舞台
探訪等について細々と記事を
書いています。

よろしくお願いします。
中の人ツイッター→york21c

比較研究のため、アニメの画像を
引用しています。

画像の著作権は各制作会社に
帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR