FC2ブログ

英海軍揚陸艦アルビオンと掃海母艦うらがの一般公開

英海軍 自衛隊と上陸作戦の共同訓練 日本に大型揚陸艦を派遣

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180803/k10011562391000.html



DSC05390.jpg 
8/4・5の2日間、東京・晴海埠頭にて、海上
自衛隊との共同訓練の前に寄港した英国海軍
の揚陸艦アルビオンの一般公開が行われると
のことで、参加してまいりました。

クルーズ船等で英国の船籍の船が日本に寄港
のは珍しい事では有りませんが、英国海軍の
艦艇で、しかも予約不要で中を見れるとなれ
ばまたとない機会。運良く休みがハマったの
が幸いでした。










DSC05116.jpg DSC05118.jpg

4日の公開は12時からの予定でしたが、当日
準備の関係でアルビオンの方が1時間遅れ、
うらがと待機列が分けられました。

皆考えることは一緒なのか、殆どの人が
アルビオンの待機列へ…

埠頭のエリアへ入る際に自衛隊の手荷物検査
が有りましたが、更にアルビオン乗艦前に2
度目の手荷物検査。
カバンの開口はもちろん、ポケットの中身も
出すように言われました。

DSC05133.jpg DSC05135.jpg



無事にパスして、人生初の英国海軍の艦艇
内へ…

DSC05143.jpg DSC05148.jpg
現役なのか無稼働なのかは不明でしたが、
耐久性の高そうなラップトップPCが。








DSC05152.jpg DSC05154.jpg

DSC05155.jpg DSC05159.jpg 
歓迎の垂れ幕の先は、揚陸の為のウェルドック
スペース(小型艇をそのまま収納できる)に
なっていて、これだけ人が居ても窮屈に感じ
ない広さです。

DSC05164.jpg   DSC05168.jpg

DSC05171.jpg DSC05189.jpg
ゴムボートや潜水服等の展示品
形式不明の軍用車










そしてウェルドック部分から戻り、甲板へと
上がりますと…

DSC05202.jpg DSC05204.jpg 
M2重機関銃L7型汎用機関銃
が取り付けられた先程の軍用車が!

M2といえば、ハリウッド映画やゲーム等で
お馴染みの12.7mmの弾丸を毎分1000発
以上の速さで打ち出せる重機関銃ですが、
もちろん実物を見るのは初めてなので、この
段階でテンションはMAX

晴海のタワーマンションの背景らしからぬ
光景になりました。









更に奥のテント内では、マガジンを抜いた
実銃の体験コーナーが有り、イギリス軍の
制式採用モデルで、甲板を巡回していた
兵士の方も装備していたL85アサルト
ライフルや対戦車ミサイル(ジャベリン)
まで触れる懐の広さ!
国旗のロゴは紛れもない制式採用の証ですね
DSC05245.jpg DSC05222.jpg


L85を構えたところを同行したくろやさんに撮って
貰いました。
DSC05226.jpg



そしてL129A1を構える同氏
DSC05234.jpg 








艦艇内や埠頭、そしてこの甲板と至るところに
展示されていたこの車は正式名称BvS10という
全地形対応の装甲車のようです。

DSC05264.jpg  DSC05257.jpg

DSC05260.jpg  DSC05268.jpg





上陸用ボートに備え付けられた機関銃

DSC05273.jpg DSC05276.jpg







 
そしてみんな大好きM134ミニガン
7.62mm弾を毎分3,000発の速さで
打ち出すというとんでもない銃です。
足元にバッテリーが有りましたが、
撮影を忘れました…。


DSC05285.jpg DSC05294.jpg








DSC05316.jpg DSC05303.jpg 

最後にベルと銘版を撮影し、下船後は
隣に停泊している掃海母艦うらが






DSC05329.jpg 
写真の列はうらがを向いていますが、
じつは折り返しているアルビオン乗艦
待ちの列なのです。人気の高さが伺え
ますね。。




うらがは掃海母艦という種類の艦船で、
機雷の敷設、掃海どちらも可能な艦艇との
事で、艦上には掃海のための電線や、実物
の機雷の展示が有りました。

DSC05335.jpg


DSC05339.jpg DSC05338.jpg

DSC05344.jpg DSC05346.jpg



ブリッジも公開されており、艦長席や
操船に必要な機器類を間近に観ること
ができました。
DSC05372.jpg 
 DSC05378.jpg DSC05380.jpg

DSC05382.jpg DSC05369.jpg DSC05386.jpg DSC05388.jpg 
艦艇内の上下移動の階段は急で、気をつけ
ないと頭をぶつけたり踏み外しかねない
角度ですね。狭いスペースで働く海自の
隊員の皆さんに頭が下がる思いです。






DSC05105.jpg 

DSC05359.jpg 
とても暑い日でしたが、めったに見ることの
出来ないものをたくさん見れたお陰で充実し
た1日でした。

スポンサーサイト

響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ 舞台探訪 名古屋国際会議場編

 リズと青い鳥でユーフォニアム界隈が沸き立って
いるので、昨年(2017年の10月)に京都で開催
されたユーフォニアムの定期演奏会へ来訪する際
に、名古屋へ立ち寄って当時公開中であった
たいメロディの新規カットを加えて国際会議
周辺の舞台探訪の記事を挙げていこうと思います。


DSC02106.jpg DSC02116.jpg 

狙ったわけでは無いのですが、ちょうどこの時は
リアル高校吹奏楽全国大会の日で、撮影開始直後
から各校の生徒ですぐに混雑しはじめました。


eupho2ss 0251 DSC02034.jpg

eupho2ss 0252 DSC02035.jpg

eupho2ss 0253 DSC02037.jpg



この銅像は「幻のスフォルツァ騎馬像」というものらしいです
DSC02058.jpg







eupho2ss 0260 DSC02139.jpg

eupho2ss 0261 DSC02140.jpg
    



~国際会議場周辺

eupho2ss 0287 DSC02087.jpg

eupho2ss 0274 DSC02110.jpg

eupho2ss 0275 DSC02102.jpg

eupho2ss 0263 DSC02104.jpg






トランペットパート~麗奈と優子の会話シーン
はぐらかされる麗奈が切ないですね・・

eupho2ss 0277 DSC02084.jpg 

eupho2ss 0279 DSC02077.jpg

eupho2ss 0280 DSC02081.jpg  

eupho2ss 0282 DSC02081.jpg  







演奏終了後~部長・副部長のお話のシーン
泣き虫部長に変わって来年は金を取るようにという
最後の副部長命令を下すあすか
eupho2ss 0298 DSC02074.jpg

eupho2ss 0301 DSC02054.jpg

eupho2ss 0307 DSC02067.jpg

eupho2ss 0303 DSC02066.jpg





お話中に姉・麻美子を見つけて走り出す久美子
想いを伝えられて良かったですね
eupho2ss 0308 DSC02042.jpg 
 
eupho2ss 0311 DSC02030.jpg
 
eupho2ss 0312 DSC02121.jpg 

eupho2ss 0314 DSC02126.jpg






届けたいメロディ新規カット ~あすかと久美子の会話
劇場での記憶だけを頼りに撮影したので、アングル
の甘さは目をつぶってくださいw
・・・後で呼び出しだね!




hi00012018-05-05-20h18m12s942.jpg DSC02091.jpg

hi00012018-05-05-20h16m46s175.jpg DSC02092.jpg     
 
hi00012018-05-05-20h17m42s347.jpg DSC02112.jpg




以上になります。
次は宇治での新規カット撮影を撮りに行きたいですね。


湯涌温泉 秀峰閣最後の日

2011年放送のアニメ花咲くいろはの舞台で、
ログの中の人が度々お世話になった湯涌温泉
の旅館、秀峰閣さんが今年の3/17を以って営業
を終了するとの事で、今回運良く最終日に予約
をとることが出来たので、行ってまいりました。

DSC02995.jpg DSC02992.jpg



2月の北陸地方の大雪の余波で、道路の端には
まだ除雪された雪が残っていました。
DSC03012.jpg DSC02996.jpg





湯涌に来るとここにあるのが当たり前だった
だけに営業終了の知らせを聞いた時はびっくり
しましたし、とても残念でなりません。
DSC03011.jpg DSC03013.jpg 






DSC03015.jpg DSC03018.jpg

DSC03020.jpg DSC03220.jpg

DSC03032.jpg DSC03031.jpg





DSC03069.jpg 

DSC03050.jpg


 DSC03074.jpg DSC03076.jpg





DSC03044.jpg 
DSC03047.jpg 







毎回楽しみだった美味しい料理も、今回が
最後です。
DSC03109.jpg DSC03126.jpg DSC03145.jpg DSC03161.jpg 
※写真忘れましたが、あと鍋もありました・・







サプライズで、女将さんへ有志から秀峰閣の
写真を集めて作ったフォトグラフィの進呈、
大成功!
DSC03100.jpg 






夜のロビーの2次会ではお話が弾み、結局自分
は25時頃に寝ましたが、遅い人は27時ぐらい
まで起きていたようです。
DSC03077.jpg 
DSC03181.jpg DSC03192.jpg






翌朝、まったりと朝食を済ませのんびり
ひとときを過ごし…
DSC03203.jpg DSC03208.jpg









 最後ということで、普段開放していない屋上見学。
をさせていただきました。
DSC03231.jpg DSC03232.jpg 
DSC03226.jpg DSC03223.jpg 






そして、時は進み、チェックアウトの時間へ…
DSC03217.jpg 

DSC03025.jpg 

DSC03246.jpg

ついさっきまで皆さんでワイワイ食事をしたのが
嘘のような静けさの宴会場。
もう賑わうことがないのと、今までお世話になった
思い出が蘇り、目頭が熱くなりました。



最後に宿泊者で集まって記念撮影。
 DSC03238.jpg 
DSC03234.jpg 
 この時も関係者へサプライズプレゼント贈呈!
大成功!











DSC03251.jpg DSC03253.jpg DSC03000.jpg 
花いろの放送から7年が経過し、少しずつ変わる
湯涌温泉ですが、今後もできるだけ足を運ぶよう
にしていきたいものです。
本当にお世話になりました。
ありがとう秀峰閣!



アルペンルート経由で行く第七回湯涌ぼんぼり祭り ~後編

前日にほぼ1日掛けてアルペンルートを抜け、
富山に1泊した後、レンタカーにて寄り道を
挟み、ぼんぼり祭り会場へと向かいます。



天候に恵まれ、雨晴海岸は綺麗でした。
DSC01703.jpg DSC01706.jpg

DSC01715.jpg DSC01697.jpg









会場に着いたのはお昼を回った14時頃でした。
DSC01724.jpg DSC01723.jpg

DSC01727.jpg DSC01726.jpg

物販で毎年恒例のクリアファイルとファイルを
入れられるホルダーを購入し、もう運転しない
のでビールを注入w











DSC01728.jpg  







今年も一昨年・昨年と同じく、湯の出さんに
話になりましたが、今回案内されたのはなんと、
旅館に1室しかない特別室!

DSC_4549.jpg 

DSC01729.jpg DSC01744.jpg

DSC01741.jpg DSC01732.jpg


5人での宿泊でしたがそれでも余裕の広さ。
事前の案内が無かったので当日案内されて
予約した本人=自分が1番びっくりしました。




そうこうしている内に夕食の時間になり、
懐石料理をたっぷり堪能。
DSC01752.jpg DSC01765.jpg
 
DSC01755.jpg DSC01757.jpg

DSC01760.jpg DSC01771.jpg

DSC01764.jpg 

美味しい魚に能登牛でお酒も進みます。











DSC01776.jpg DSC01870.jpg

DSC01779.jpg 

やがて夜になり、いよいよぼんぼり祭りのメイン
行事、神迎え、神送りの巡業が始まりました。


DSC01796.jpg DSC01814.jpg  







神迎えで稲荷神社まで行き、その後観光協会長、
金沢市長からの挨拶後、玉泉湖にて神送りのお
焚きあげを行います。

DSC01824.jpg DSC01832.jpg 




DSC01856.jpg DSC01865.jpg 

個人的に、これを経験しないとぼんぼり祭り!
という感じがしないので、今年も無事にお焚き
あげできたなぁと喜びもひとしお。









DSC01888.jpg DSC01902.jpg DSC01889.jpg 
自分の協賛ぼんぼりもバッチリ。


DSC01884.jpg DSC01886.jpg 










だんだんと花いろ色は薄れつつ有りますが、
地元のお祭りとして根付いてきていますので
今後も続いていくことを願うばかりです。

DSC_4547.jpg 

DSC01747.jpg 












アルペンルート経由で行く第七回湯涌ぼんぼり祭り ~前編

今年も湯涌ぼんぼり祭りの時期がやってまいりました。

が、しかし

ただ普通に北陸に行くのでは物足りない(病気


過去に
車(運転)
夜行バス
ほくほく線経由特急はくたか
特急サンダーバード
北陸新幹線
富山・小松・能登空港(飛行機)


という北陸アクセスのメジャーな交通手段
は粗方経験しているので、今年はどうしよう
かと思いこんでいた矢先にこんなニュースが。

国内のトロリーバス、残り1か所に 関電が廃止、立山黒部貫光が「唯一」に

https://trafficnews.jp/post/78411/

ここでしか走っていないトロリーバスが来年の運行を
以って廃止になるとのこと。




アルペンルート自体は小学生か中学校ぐらいの時に
1度行ったっきりで、黒部ダムまでだったのか、通り
抜けたのかはっきり覚えてないくらいの感じでした。

おまけにwikiを見てみると
>立山黒部アルペンルートは、登山道を除けば富山県
長野県とを直接結ぶ唯一の交通路である。しかし、
自然保護の観点などから運賃が高目に設定されている
ことと、多くの乗り物を乗り継がなければならないこ
とから、富山~長野間の移動を主目的として用いられ
ることはほとんどない。

富山まで行けるのだったらそれを目的にしようじゃ
ないか!

という理由から今回の往路手段に決定しました。








都心からですとアルピコ交通・京王バス共同運行で
長野側の玄関口扇沢までバスが出ているのですが、
日中の便だと当日中に富山県側へ抜けられない可能
性が有る(3連休の初日)ので、前日夜発の夜行便を
利用。



DSC_4455.jpg DSC01400.jpg

4列シートでしたが、運良く隣が空席だったお陰で2席
使うことが出来ました。
6日の23時過ぎに新宿を出発し、扇沢に翌7日5時半に
到着。







DSC_4461.jpg 

DSC01411.jpg DSC01404.jpg

事前購入したチケットを引き換え、6時半出発の朝一番
トロリーバスでアルペンルートスタートです。
売店の方曰く「これでもまだ空いている方」だとか。








DSC01416.jpg DSC01414.jpg

写真を撮っていたら乗り込みが最後になってしまいました。。












乗車時間は15分ほどですが、その間に破砕帯と呼ばれる
難工事だったエリアを通り、県境を超えて富山県に入ります。

DSC01420.jpg 


DSC01441.jpg 


DSC01424.jpg 


DSC01425.jpg 

冒頭に紹介した通り、扇沢~黒部ダム間のトロリー
バスは来年の11月を以ってバッテリー式に置き換え
予定の為、実質今回が乗り納めとなりそうです。












駅に到着し、階段を登ってダムを一望出来る展望広場へ!
DSC01423.jpg DSC01442.jpg






DSC01447.jpg 
雨が降ったり止んだりの生憎の天気でしたが、久々に
見る黒部ダムの勇姿は変わらず、放水の水煙が絶え間
なく上がっていました。







DSC01480.jpg DSC01461.jpg


DSC01471.jpg DSC01482.jpg










展望台からの風景を一望してから、レストハウスに入り
朝食に名物ダムカレーを食べます。

DSC01485.jpg 











ダム上の歩道より。

ここはアニメ「クロムクロ」でも登場した場所ですね。

DSC01487.jpg DSC01504.jpg

DSC01498.jpg DSC01509.jpg





k8.jpg DSC01457.jpg

14.jpg DSC01512.jpg


13.jpg DSC01514.jpg


12.jpg DSC01516.jpg

由希奈が観ていたのは多分こんな景色ですw
(流石に怖くて外側下までカメラは伸ばせませんでした)
k9.jpg DSC01507.jpg













ダム駅到着から2時間以上掛けて対岸へと渡り、急勾配の
軌道をゆくケーブルカーに乗り換えます。
黒部湖駅→黒部平駅

DSC01519.jpg DSC01521.jpg

DSC01525.jpg DSC01533.jpg



画像越しでも、勾配のキツさがよくわかると思います。
斜度は31度、標高差373mを5分ほどで一気に登ります。
DSC01539.jpg DSC01541.jpg 

DSC01543.jpg 











黒部平→大観峰
ここは乗り継ぎが良く、ちょうどロープウェイが来たの
そのまま乗り継ぎ

DSC01554.jpg DSC01557.jpg

DSC01558.jpg 
一般的なロープウェイと違って、山麓から山頂まで何と
ケーブルの支柱が1本も有りません!垂れ下がったケー
が見えているだけなのでコワイ・・


DSC01561.jpg DSC01563.jpg

DSC01565.jpg 











某アニメで出てきた淡島のロープウェイと標高差のため
パンパンになったポテチの袋。

DSC01568.jpg DSC01569.jpg





大観峰は立山の東側エリアに当たる部分で、ここからトロ
リーバスで反対側へ抜けるといよいよアルペンルートで1
番標高の高い室堂へと到着します。

DSC01572.jpg DSC01573.jpg




DSC01575.jpg 




DSC01581.jpg DSC01584.jpg

DSC01580.jpg DSC01579.jpg




室堂は立山登頂の出発点として、富山・長野側どちら
から来てもほぼ中間のエリアに位置する為、多くの人
比較的長く滞在します。

DSC01586.jpg DSC01588.jpg







その為ホテルやレストラン、土産物店などが充実して
おり、てっぺん付近にいるという実感はあまりあ
りませんが、1歩外へ出ると・・



DSC_4480.jpg

 DSC01589.jpg 
ガスっていました。。。
天気が良ければ軽く周囲を散策しようかと思いました
が、標高が高く気温が低い上に風もあり、雨がバシバ
シ叩きつけるような状況であえなく断念・・








DSC01590.jpg DSC_4487.jpg

DSC_4489.jpg DSC_4490.jpg

レストランで白エビ天丼のランチを平らげて、売店を
廻ってからバスで標高977mの美女平まで一気に下り
ます。


 



美女平からは再びケーブルカーに乗り、立山駅へ。

DSC01597.jpg DSC01595.jpg

DSC01604.jpg DSC01598.jpg



DSC01601.jpg 





まずは、駅前周辺のクロムクロ登場カットを撮り、、、、

k0.jpg DSC01629.jpg

k1.jpg DSC01622.jpg

k4.jpg DSC01625.jpg

k5.jpg DSC01626.jpg

k6.jpg DSC01619.jpg

1話の由希奈とソフィーの下校シーンの所ですね。
作中立山国際高校が有った所は実際は
国立登山研究所という施設になっています。



電車の時間に余裕があったので
側にある博物館脇にあるかつての工事用専用軌道へ。
DSC01634.jpg DSC01636.jpg

DSC01633.jpg DSC01641.jpg

ここは立山の砂防ダム工事で使われた専用軌道の
一部一般開放しており、砂利の運び出しに使わ
れたトロッコ(ディーゼルカー?)が保存されて
います。
DSC01647.jpg 






そうこうしている間に時間になり、京阪のお下がりの
特急電車に乗り込み電鉄富山駅へ。

DSC01661.jpg  DSC01657.jpg








富山に着いてから色々撮っていると、後続の特急アルプス号
が到着。ここは京阪か西武か・・。

DSC01665.jpg DSC01666.jpg 

駅の到着は16時過ぎ。扇沢を出発到着したのが6時半の
トロリーバスでしたので、実に10時間近くを掛けてア
ペンルートを抜け、富山へ到着しました。


明日はいよいよ本番!ぼんぼり祭りへと向かいます。

続く。



プロフィール

Newyork0201

Author:Newyork0201
ご訪問有難うございます。
管理人の趣味である旅行・舞台
探訪等について細々と記事を
書いています。

よろしくお願いします。
中の人ツイッター→york21c

比較研究のため、アニメの画像を
引用しています。

画像の著作権は各制作会社に
帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR