ガールズ&パンツァー劇場版舞台探訪 さんふらわあ さっぽろ編

前回のブログでのタウシュベツ橋梁ガイド
ツアーの翌日、帯広から一旦新千歳に寄り
、その後苫小牧駅から西港フェリーターミ
ナルへ向かいます。


DSC09975.jpg 

DSC09976.jpg 

DSC09985.jpg 

苫小牧港~大洗港を結ぶ定期フェリー
「さんふらわあ」は1日に夕方便と深
便の2便が運航されており、同港を
19時かけて結んでいます。


また、老朽化の為、2隻ある夕方便の内、
ふらの号は新造船となっており、さっぽろ
号も8月末の運航を以って現行の旧船から
置き換え予定となっております。

※5月に行った新造船内観会はコチラから


今回は劇中のカットを撮影するため、新造
船ではなく旧さっぽろ号運航日を指定して
乗船しました。

さっぽろ号は船室(クラス)が多め
上から順に
スイート(1室のみ)
デラックス(和/洋室)
スタンダード(和/洋室)
カジュアル
エコノミー
と別れています。

DSC_3933.jpg  DSC00174.jpg


DSC00004.jpg  DSC00003.jpg
3名の旅行でしたが、4名定員のスタンダード
和洋室でもOKでした。



DSC09990.jpg



フロントの横にはちゃっかりガルパンコラボの
ポスターがw

DSC00059.jpg 


エントランスホールです。
DSC00084.jpg 



宿泊したスタンダードルームの廊下DSC00062.jpg 


レストラン前
DSC00108.jpg 




レストランは食券購入によるバイキング形式です。
2食分買うと割引があります。
DSC00013.jpg   DSC00008.jpg






劇中のカット
レストラン・売店・ゲームセンターです。
ゲームセンターの方は広角レンズでないと
構図が合いにくいです。

gpss5.jpg   DSC00010.jpg



gpss4.jpg DSC00171.jpg 



gpss1.jpg   DSC00041.jpg





寝室・大浴場・車両甲板のカットです。
※印の写真は航行中入ることが出来ない
為、昨年の夕方船ふらの内覧会にて撮影
したものを載せています。

※エコノミールーム
gpss2.jpg  DSC04830.jpg



※カジュアルルーム
gpss3.jpg  DSC04827.jpg 



※大浴場(女性用)←大事
gpss6.jpg  DSC04841.jpg



※車両甲板
gpss7.jpg  DSC_2349.jpg









DSC00201.jpg

 DSC00165.jpg




船内はエントランスホール付近のみですが、
wifiが使えます。但し強度はあまり良くなく、
場所によっては陸上の電波が弱いためあまり
繋がりやすいとは言えません。
DSC00082.jpg 


DSC00095.jpg  


DSC00051.jpg 






この時は天気もよく、翌朝航海中に
デッキに出たら陸地がよく見えました。
画像は福島第一原発です。

DSC00129.jpg  DSC00176.jpg


DSC00180.jpg  DSC00153.jpg


DSC00142.jpg  DSC00187.jpg


DSC00193.jpg  DSC00196.jpg 


デッキ朝夕比較
DSC00016.jpg  DSC00199.jpg






エンドロール終了間際のカット
前・後部の甲板の奥には出れない為、
2枚目はそれっぽい柵の所で撮影して
います。
gpss8.jpg  DSC00140.jpg 



Screenshot_20160709-225548.png  DSC00183.jpg



gpss9.jpg  DSC00225.jpg








やがて船は大洗港に近づき、
大きく舵を取り・・
DSC00220.jpg 

お馴染みの建物の風景を横目に
DSC00228.jpg 


DSC00242.jpg  
 

DSC00265.jpg 


DSC00283.jpg 

DSC00285.jpg
 


DSC00287.jpg 

着岸!






DSC00246.jpg



 DSC00294.jpg 

ゆったりのんびりと快適に過ごせた19時間でした。
ガルパン劇場版の探訪で1番行きたかったタウシュベツ
橋梁とさんふらわあ乗船、両方堪能できて満足な4日間
でした。


スポンサーサイト

ガールズ&パンツァー劇場版舞台探訪 タウシュベツ橋梁編

ガールズ&パンツァー劇場版にて登場しました
北海道は糠平(ぬかびら)のタウシュベツ橋梁
と、さんふらわあさっぽろに乗船してきました
のでここに記したいと思います。



行きは新千歳まで飛び、旭川にて1泊、翌日に
1日1本しか出ていない旭川~帯広を結ぶ都市間
バス「ノースライナー」にてタウシュベツ橋梁
至近、糠平(ぬかびら)温泉街へ


旭川~糠平温泉で2時間半掛かります。

DSC_3903.jpg   DSC_3901.jpg  

DSC_3905.jpg   DSC09855.jpg




タウシュベツ橋梁の見学はガイドツアー形式の為、
事前予約が必要です。
先駆者が置いていったノートが・・(笑
DSC09966.jpg   DSC_3907.jpg





集合した後、車で湖の入口への林道へ向かい、湖の
畔まで徒歩で向かいます。

DSC09867.jpg   DSC09865.jpg

DSC09866.jpg   DSC09869.jpg


湖へと至る林道は途中に車止めゲートが有り、施錠
されています。
ガイドツアーに申し込まずに徒歩で湖まで行くこと
も可能では有りますが、周辺はヒグマの多発地域で
あること、ゲートから湖まで4km、往復することを
考えるとガイドが1番無難かと思われます。

※実際この時も林道を走っている時クマの糞が路上
に有りました。






湖の畔から見ると、一瞬、橋がどこにあるか分かりにくいです。

DSC09871.jpg   DSC09873-2.jpg









そして・・・

DSC09876.jpg 

DSC09878.jpg


DSC09891.jpg  

DSC09880.jpg 

DSC09883.jpg 

眼前に広がる荒涼とした湖と、そびえたつ橋梁の見事な風景。

例年は、雪解けの水が増えるに従って湖の水量が
増えていき、水鏡に映った橋を撮れる代わりに下
へ降りれなくなるのが常なのですが、今年は水が
増えるのが遅く、下に降りれた上に、水鏡の橋
撮る事ができました。
自由時間の30分があっというまでしたw



gpss11.jpg   DSC09921.jpg



「しまったあ!」
gpss13.jpg   DSC09908.jpg



「こっち見てるぞおおぉぉぉおお!!!」
gpss14.jpg   DSC09892.jpg




DSC09896.jpg


DSC09927.jpg 

劇中では、橋梁が2つ描写されており、カール
自走臼砲は中央(対岸)に陣取っていますが、
実際橋梁は1つしかありません。

対岸からも撮影したかったのですが、途中に
流れている川が思いの外深く、渡れなかった
為、対岸からのカットは撮っていません。
BT42がこっから対岸まで飛んできたらそりゃ
カール護衛隊もビビりますねw


600mm砲で破壊される橋
gpss15.jpg   DSC09929.jpg


gpss16.jpg   DSC09910.jpg


殺人レシーブ届かず
gpss17.jpg   DSC09896.jpg


クリスティー式の攻防
gpss19.jpg   DSC09912.jpg

カットは以上になります。




橋は建設から80年経過し、水位・気温の変動により
著しく劣化しており、最近新たな崩落箇所も増える
など、いつ崩壊しても不思議でないとガイドさんも
話していました。

DSC09915.jpg 

DSC09913.jpg 

DSC09925.jpg  




タウシュベツ橋梁を見学した後は、場所を変え
第五音更(おとふけ)川橋梁を見学。
この橋梁も、タウシュベツ橋梁と同じく旧国鉄士幌
(しほろ)線の一部でした

DSC09940.jpg   DSC09943.jpg



幌加(ほろか)駅跡
DSC09948.jpg   DSC09958.jpg



DSC09956.jpg 

DSC09963.jpg 





これらを周り、およそ2時間半ほどでガイド
センターへ戻ってきます。

DSC09858.jpg 
DSC09886.jpg 
DSC09890.jpg 
DSC09906.jpg 

このツアーに意味があるとは・・
いや間違いなく有ったと言える旅でした。


次回はさんふらわあ編です。

さんふらわあふらの 新造船特別内覧会に参加しました。

北海道の苫小牧港~茨城県の大洗港を結ぶフェリー
「さんふらわあふらの」の新造船内覧会が大洗港で
開催されたので参加してまいりました。


さんふらわあ号は、商船三井フェリーが運航する
苫小牧・大洗各々の港を夕方もしくは深夜に出発
し、翌日の昼間と夜に到着する長距離フェリーです。

全長:199.7m
型幅:27.2m
航海能力:24ノット
総トン数:約14000トン
旅客定員:590名
積載能力:大型トラック約160台、乗用車約100台





C_cH9HaXcAAV6gz.jpg 
今回、内覧会が行われたのは夕方便のさんふらわあ
ふらの号です。





受付開始の20分ほど前に並びましたが、長蛇の列です。
DSC09438.jpg DSC09439.jpg




タラップから見た埠頭と道路
この日は生憎の雨でした。
DSC09442.jpg 




船内は7層構造で、全ての箇所が見て廻れる訳では
なく、順路を定めて主に客室をメインに観覧して
いく流れでした。
DSC09480.jpg 














ツーリストルーム
DSC09444.jpg 

DSC09448.jpg 
1番リーズナブルな部屋です。
寝台特急サンライズののびのびシートを
彷彿とさせますね。









コンフォートルーム
DSC09454.jpg


 DSC09457.jpg


DSC09459.jpg

 DSC09455.jpg 
2段式寝台を思わせる、TV付きの部屋。
カプセルルームっぽさも有りますが、
設備の豪華さではコチラに軍配が上が
りますね。
















スーペリアオーシャンビュールーム
DSC09462.jpg 

DSC09464.jpg 
4名まで宿泊可能なオーシャンビューの部屋
定員一杯の場合、荷物のことを考えるとちょっと
窮屈気味かな?



















スーペリアインサイドルーム

DSC09523.jpg

 
DSC09525.jpg 
先程のスーペリアルームの窓のないタイプ
補助ベッドを出すことで3名まで宿泊可能
窓枠の形をした所は鏡台になるのかな?

















スーペリアーウィズベッドオーシャンビュールーム

DSC09532.jpg 

DSC09534.jpg 
ペット同伴で泊まれる部屋
定員は2名までとなっています。

















スーペリアウィズベッドインサイドルーム

DSC09535.jpg 

DSC09536.jpg 
ペット同伴で泊まれる部屋の窓無しタイプ
ですが、ソファベッドで定員が3名までと
なります。










これらの客室を結ぶ通路の要所には大きめの英・中・韓
文字とピクトグラムを配した分かりやすい表記がなさ
れ、ひと目でそれと分かるように配慮されています。

DSC09465.jpg  DSC09472.jpg  










キッズランドとラウンジです。
DSC09473.jpg

 DSC09475.jpg 










2層構造のラウンジ。
近くにはwifiのモデムと思しき機械も
有りました。

DSC09479.jpg


DSC09467.jpg


DSC09483.jpg 












ラウンジの階段を上がって 振り返ったところ
DSC09481.jpg 

DSC09486.jpg 
奥行きと大きめの窓で、長時間居ても飽きないよう
配慮されています。







プレミアムルーム

DSC09504.jpg

 
DSC09505.jpg 

DSC09506.jpg  
専用バルコニーを備えた大きめの部屋
こちらも補助ベッドで最大3名まで利用
可能です。












スイートルーム

DSC09495.jpg DSC09498.jpg DSC09500-2.jpg DSC09502.jpg DSC09496.jpg DSC09499.jpg DSC09501.jpg 
船内に1室しか無い最高級ルーム
バルコニーも広く、旅の思い出作り
には最高の部屋ですね。











展望浴場&サウナ

DSC09557.jpg

 DSC09558.jpg 

DSC09559.jpg 

DSC09560.jpg 

DSC09561.jpg 

DSC09562.jpg 
 
旅の疲れを癒やすお風呂です。
大きめのシャワーヘッドがついています。
深夜早朝帯以外は好きな時間に利用可能のようですね。









レストラン

DSC09509.jpg 

DSC09513.jpg

 DSC09515.jpg

 DSC09518.jpg

 DSC09519.jpg

 DSC09520.jpg 
お一人様でも大人数でも、バイキングスタイルで
楽しめるレストラン。
外にはバーカウンターらしき設備もあり、楽しい
パブタイムを過ごせそうです。










ペットルーム&ドッグラン

DSC09552.jpg 

DSC09553.jpg 

DSC09554.jpg 

DSC09555.jpg 

DSC09556.jpg 
ペットを一時的に預けられるケージも用意されており、
旅の間一時的に預けたり、犬の場合はドッグランで遊ぶ
事もできるようです。












ここからはデッキへと出まして、







大きな煙突
DSC09542.jpg



 
救命ボート
DSC09538.jpg




 
もう1便の夕方便さんふらわあ さっぽろが到着
DSC09545.jpg 






ラウンジを抜けて下層へと降り、最後は船の全体写真を

DSC09476.jpg 





防火対策なのか、難燃剤が貼られた壁です。

DSC09569.jpg












DSC09572.jpg

 DSC09574.jpg 

新造船は現行の夕方便よりも定員は減るようですが、
内装が綺麗になり大きくなった部屋でゆったりと寛げ
るようになっており、快適な船旅を楽しめるようにな
っているとのことでした。

スイートルーム、利用してみたいですねぇ(遠い目


 

響け!ユーフォニアム2探訪 京都駅・宇治市街地 前編

前回からだいぶ間が空いてしまいましたが、
今回は京都駅周辺からスタートです。

eupho2ss 0100 DSC06507.jpg

eupho2ss 0101 DSC06470.jpg


ここは「えきびるコンサート」で登場したところ
ですね。

eupho2ss 0082 DSC06515.jpg

eupho2ss 0083 DSC06491.jpg

eupho2ss 0084 DSC06489.jpg

eupho2ss 0085 DSC06500.jpg

eupho2ss 0086 DSC06498.jpg

eupho2ss 0087 DSC06492.jpg

本当は早朝に回ろうかと思っていたのですが、
思いのほか空いていたので、昼間の内に廻り
ました。(色々撮ってたら傾きだしましたが・・)




常に人が居るイメージだったのですが、平日の日中
だったからか皆無でしたので撮り放題!

eupho2ss 0092 DSC06458.jpg

eupho2ss 0093 DSC06466.jpg

eupho2ss 0094 DSC06455.jpg

eupho2ss 0097 DSC06451.jpg

eupho2ss 0098 DSC06481.jpg



駅の後は宇治市内へ移動。






羽戸山第三児童公園前
登下校のシーンでよく登場する場所です。

eupho2ss 0065 DSC06788.jpg

eupho2ss 0064 DSC06810.jpg

eupho2ss 0079 DSC06801.jpg

eupho2ss 0081 DSC06807.jpg

eupho2ss 0109 DSC06794.jpg

eupho2ss 0110 DSC06792-2.jpg

eupho2ss 0112 DSC06798.jpg









羽戸山交差点前
栗まんじゅうを託され、香織と別れる場所です。
eupho2ss 0113 DSC06820.jpg

eupho2ss 0114 DSC06816.jpg

eupho2ss 0115 DSC06814.jpg










三室戸周辺
あすか宅とユーフォを吹いた河川敷の
ある場所です。OPにも登場しましたね。
eupho2ss 0127 DSC06866.jpg

eupho2ss 0128 DSC06864.jpg

eupho2ss 0119 DSC06836.jpg

eupho2ss 0120 DSC06838.jpg

eupho2ss 0121 DSC06842.jpg





ちなみにこの水管橋はそのまま「宇治川水管橋」と
言うそうです。自分より遥かに年上ですね。
DSC06844.jpg 






「黄前ちゃんはほんっと、ユーフォっぽいよね~」
eupho2ss 0123 DSC06846.jpg

eupho2ss 0124 DSC06840.jpg

eupho2ss 0125 DSC06856.jpg

eupho2ss 0006 DSC06848.jpg




公式のアクリルチャームと、京阪のコラボキャンペーンで
当選したミニパネルと共に撮影。
DSC06850.jpg DSC06853.jpg 

長くなってしまったので、後編へと続きます。

響け!ユーフォニアム2探訪 アクトパル宇治 後編

前回に続きアクトパル宇治の探訪です。
今回は主に1Fの部分と、屋外メインに
なります。

前回忘れてた研修室入り口と
みぞれの階段練習のカットです。
eupho2ss 0214 DSC06697.jpg
 

eupho2ss 0215 DSC06710.jpg








2F、研修室の撮影を終えてからは
メインホールの部分です。


メインホール
久美子と夏記の会話シーンで登場しました。


eupho2ss 0035 DSC06708.jpg 


eupho2ss 0034 DSC06729.jpg


eupho2ss 0036 DSC06720.jpg


eupho2ss 0037 DSC06722.jpg












食堂

DSC06719.jpg DSC06720.jpg


ここも入れると思ってなかったので、合わせ
のカットは1枚だけです(;´Д`)

eupho2ss 0192 DSC06718.jpg


eupho2ss 0190 DSC06714.jpg



せっかくなので、お昼にカツカレーを頂きました。
なお、作中サファイアが食べていた通常のカレー
はメニューには有りません。






屋外のカット


eupho2ss 0030 DSC06781.jpg


eupho2ss 0058 DSC06742.jpg






途中に電気柵が有りました。
ビリビリするようですw
DSC06737.jpg DSC06740.jpg








キャンプファイヤー場

eupho2ss 0044 DSC06746.jpg


eupho2ss 0045 DSC06750.jpg 


eupho2ss 0211 DSC06744.jpg


eupho2ss 0212 DSC06752.jpg








グラウンド
あすか先輩が響け!ユーフォニアムを
吹いていた場所ですね。

eupho2ss 0050 DSC06731.jpg


eupho2ss 0051 DSC06735.jpg

eupho2ss 0052 DSC06758.jpg


eupho2ss 0053 DSC06760.jpg


eupho2ss 0056 DSC06766.jpg


eupho2ss 0055 DSC06771.jpg

施設自体は野外活動センターを銘打ってる
だけあってかなり広く、その中の大部分が
登場し、ここへの移動、撮影だけで半日を
費やしてしまいましたが、一致度の高さに
満足・そしてただただ京アニの作画クオリ
ティに感心するばかりでした。




プロフィール

Newyork0201

Author:Newyork0201
ご訪問有難うございます。
管理人の趣味である旅行・舞台
探訪等について細々と記事を
書いています。

よろしくお願いします。
中の人ツイッター→york21c

比較研究のため、アニメの画像を
引用しています。

画像の著作権は各制作会社に
帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR